RECRUIT
定期採用
Moore至誠監査法人

MESSAGE from recruiting partner

少数精鋭の人財の結束が、新たな挑戦、大きな成長を可能にする The more challenge!
The more fun!

Moore至誠監査法人では、「人財」こそが最大の財産だと考えています。

モノを作ったり、売ったりするのではなく、専門的知識により社会に対して付加価値を提供する私たちにとっては、「人財」こそが最大の財産です。そして、採用は、一緒に新しい付加価値を提供していくための仲間探しであります。

社会に対して付加価値の源となるためには、メンバーの一人ひとりが的確な判断ができるプロフェッショナルであることが必要です。そのためには、Moore至誠監査法人では、「現場力の強化」と「多様な業務の経験」を重視しております。

現場力の強化

「現場力」とは、一言でいえば「問題解決力」です。経営者やCFOなどと議論を重ね、現実を正しく認識し、課題を発見して、原因を究明し、問題を解決する力。このような組織の課題を解決していくためには、知識が豊富なだけでなく、現場で様々な課題に対して、能動的に向き合って解決していく経験が必要です。そのため、Moore至誠監査法人では、現場力の強化を重視しており、パートナーも現場に往査して適切にOJTを行うとともに、チーム全体で取り組む風土であるため、現場でみんなで考え、集中して効率的に業務を行うことにより、迅速な意思決定や問題解決を可能としています。

多様な業務の経験

Moore至誠監査法人では、部門を設けないフラットな組織であるため、上場会社の監査を行いながらも、IPOやコンサルティング業務、また、Moore Global関連の英文業務など、様々な業務を経験することができます。多様な業務の経験を通じて、自ら考え、挑戦の積み重ねにより、成長のチャンスが多い職場です。

Moore至誠監査法人は、中小規模ではありますが、少数精鋭だからこそ「人財」をとても大切にしており、現場でのチームの結束や挑戦、また、多様な業務を経験することにより、ともに成長し、強い「人財」の集まりでありたいと思っています。

幅広く活躍する未来へ、付加価値の源となるプロフェッショナルを目指し、ともに成長し、熱意を実現していきましょう。